message

こどもたちへ

みなさんは何をしているときが1番楽しいですか?

1人でゲームをしているときですか?友達と遊んでいるときですか?

私は、小学生のときから、家に帰るとすぐにランドセルを置いて、遊びに行くほど外で遊ぶことが好きでした。そして、勉強は大嫌いでした。中学生からはやらなければいけないからと勉強を頑張っていましたがやはり勉強は嫌いでした。ですが、高校生、大学生と歳を重ねるごとに、いかに今まで習っていたことが大事だったか、どんなところで使われているのか、活かせるのかを身をもって学びました。
何も考えず、ただ勉強するより、習ったことがどんなことに使われているのかを知るだけで、少しだけ勉強も面白いなと思うようになりました。
そんな私と同じように、”勉強が嫌いな子に少しでも面白いと感じてほしい” ”外で活動することで、いろいろな体験をしてほしい”と思い、しまっこ隊をつくりました。
そんな私は、”勉強が嫌いな子に少しでも面白いと感じてほしい” ”外で活動することで、いろいろな体験をしてほしい”と思い、しまっこ隊をつくりました。

しまっこ隊では、勉強を一緒にすることはもちろん、子どもたちでやりたいことを決めて、活動をしていきます。

島の中で、普段とは違った子といろいろな活動を一緒にしませんか?

気になった子は是非1度参加してみてください。
みなさんに会えるのを楽しみにしています。 

たける

【プロフィール】

西上武尊 Takeru Nishigami

岡山県出身。山口大学 数理科学科卒。大学在学中に、こども達とキャンプするボランティアサークル「トムソーヤー・ズ」に属し、周南市の大田原自然の家などで企画キャンプや1週間キャンプなどに参加。田布施町馬島では、うましまこどもキャンプに第1回より4年間携わる。大学在学中は家庭教師として中高生の勉強のサポートをする。

大学卒業後、教育業界に就職。しかし部屋の中での勉強だけではなく、自然の知識を生かしながら、知ること、学ぶことの面白さを伝えたいと思い、しまっこ隊を設立。

わたしたちも、しまっこ隊の
活動を応援しています!

うましまCOLOR
藤田 敬太郎
藤田 枝里香

うましまこどもキャンプでずっと関わってくれていた たける が
この度、馬島でこどもたちのために何かしたい!という想いで、
しまっこ隊を立ち上げました!とても嬉しいです!
私たちも出来る限り、しまっこ隊の活動を応援します。
うましまこどもキャンプでは、宿泊型の体験しか
提供できませんでしたが、しまっこ隊は日帰りの体験です。
そして毎週開催です。
こどもたちの自由な外遊びの減少や、体力の低下が騒がれるいま、
このような体験は心と身体のパワーになるのではないでしょうか。
うましまの四季折々の発見や遊びが、皆さんを待っています。

うましまCOLOR:
元田布施町地域おこし協力隊で馬島に移住して6年目の夫婦。
うましまこどもキャンプや、収穫体験のイベントや、馬島の魅力発信をしています。